この投稿をシェアする


「舎利供 献灯(ぼんぼり)」受付開始

受付は終了しました。

孝道山の二重の塔・仏舎利殿内陣の蓮華宝塔(れんげほうとう)には、昭和27年8月18日、日本仏教の母山である比叡山延暦寺より奉迎したご仏舎利〔仏の舎利(お骨)=お釈迦さまのご聖骨〕が奉安されています。毎年、お迎えした日の前後の日曜に、蓮華宝塔のご仏舎利がご開帳され、ご仏舎利をお讃え供養する『舎利供大法要』と『孝道山盆おどり』がおこなわれています。今年は、新型コロナウイルス感染防止の為に『孝道山盆おどり』はおこなわれませんが、お釈迦さまのご遺徳をお讃えして献灯の功徳を積む「ボンボリ献灯」は、例年の通りおこなわれます。
限定500基で、冥加金は1基5千円です。
来山が困難な方は、以下のウェブフォームで仮申込みも可能です。
仮申込みされた方は、7/31までに冥加金をご持参いただくか、振込・郵便書留等でご入金ください。

「舎利供 献灯(ぼんぼり)」仮申込みウェブフォームはこちら。